Tokyoでブログっす。   そのうちArchitecture
by archlondon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
bonne mamanのクリームキャラメル
ギンガムチェックの蓋がかわいいBonne Maman
(ホームページは持ってないのかな?)。
昨日は久々に外界に出て、ちょっと遠い近所のスーパーwaitroseへ。
そこでボンヌママンのクレムキャラメルを見つけてしまい、
他にも結構買い物していたので、さんざん悩んだ挙げ句買っちゃいました。
クレムキャラメルにしようか、クレムブリュレにしようかもさんざん悩みましたよ。

いや、これ、非常にウマいですね。
実は初めて食べたのですが、
こっちのスーパーで普通に美味しいプリンが食べられるだなんて
思ってなかったので(以前大失敗した経験あり)、
なぜ今まで見つけなかったのか悔やまれます。

で、ウェイトローズは全体に高めなんですが、品揃えがいいですね。
外国のスーパーって感じで(どこも外国なんだけどさ)。明治屋みたい。
お土産を買うのにいいなー、なんてここで言っちゃてもいいかしら?

whittardの紅茶のセットも売っていて、
いいじゃーん、と一人で気分が盛り上がってました。
フラットメイトに教えてもらったwhittard、美味しいです。
紅茶なんて全然知らなかったけど、
ここに来てやっと興味がもりもり湧いてきております。

12月は忙しいですね。みなさま楽しんで色んな準備をしましょう!
[PR]
by archlondon | 2005-11-29 19:35 | Tamaho
提出!(厳密にはまだしてない)
あー、眠い。
久々に頑張りました。長過ぎるブランクを経てやっとこさ、コンペ提出できました。
しかも1人で。初。
え、遅いって?ま、まあそう言わずに。

厳密にいうと、フラットメイトに階段を1つ作ってもらいましたが。

最近便利なんですね。
最近の印刷屋さんは、データを宅ふぁいるみたいなので送ると印刷してくれて、そのまま宅配してくれるのね。
1日でやってくれちゃったりするので、海外にいるにも関わらず、かなりぎりぎりまでできる。
あー、助かりました。
大抵、裏面に自分の詳細を貼らなければならないんですけど、それも頼んだらやってくれるって。
ラッキー♪

で、今データ送ったところです。あとはお金の決済するために、メール待ってます。
これやらないと、印刷が進まないのね。
なので、作業は終わったものの、寝れない…。
b0041654_15204653.jpg


週末に、ニットものやジュエリーなど、デザイナーがいっぱい集まって、通常よりも安くなっているイベント、COCKPIT ARTがあったのですが、行けなかった〜(泣泣泣)。
フラットメイトと一緒に行こうねーなんて言っていたのに、結局作業が終わらず。。。
行ってきたフラットメイトは、超興奮して帰って参りました。
超安くて、良いものがいっぱいだったーって。

どあー!行きたかったよー!
えーん。

2つも週末を我慢してしまった。。。
いいんだ、節約になるから(T"T)。

来週のグリニッジの方であるやつに行こうっと。。。

あっと、そうこうしているうちに、早速お支払いのメールが来ちゃったよ。
うー、やっと寝れるー。
が、ピーク超えちゃって目が冴えちゃってるなー・・・。
[PR]
by archlondon | 2005-11-28 15:21 | Tamaho
建築家の存在
Googleのロゴはイベントごとにデザインされていますが、そのなかに
b0041654_2150735.gif
こんなんありました。
フランク・ロイド・ライトの誕生日ですって。
この名前は知らなくても、ニューヨークの渦巻き状のグッゲンハイム美術館は知っているのではないでしょうか。その建築家です。

最近は、カーサ・ブルータスなど一般メディアなどによく登場してきている“建築”ですが、ヨーロッパなどに比べ、建築、建築家の存在というのはまだまだあまり認識されていないかもしれません。

色々考えるところアリです。

ま、ともあれ、楽しいgoogleロゴ。↓
Holiday Logos and Events -- Google style!
[PR]
by archlondon | 2005-11-23 22:01 | Tamaho
壊れまくり
家、壊れ過ぎです。

入ってからまだ2ヶ月ちょっとしか経っていないのに、もうどんだけ修理をお願いしたことか。。。

まず、ブラインドが落ちました。元から、がさっと。
で、個室のドアの取手がぽろっと取れちゃいました。
シャワーヘッドをかけるバーがボロッと折れちゃったし。

入って半月くらいでこれらが起こり、ブラインドやシャワーヘッドのバーは直ったんですが、ドアノブはビルダーが捕まらないとかで、未だ放置プレー。

それから約1ヶ月、今度は天井のランプカバーが元から取れちゃったよ。
カバーが硬くって、あれやこれやしていたら、ポロッとカバーを留めてる元から外れちゃいました。

明らかに、施工とモノ自体が悪い(怒)!!!

ドアノブだって、もう何回も取れていたのか、ねじ穴いっぱいでぼろぼろになっちゃってたし、ランプシェードだって、絶対プラスターでしか留められてない!!!
ついでにいうと、ドアも何かつっかえてて気持ちよく閉まってくれないし。

まあ、大抵いい人たちなんだけど、こっちのビルダーはホントに仕事が甘いんだよね・・・トホホ。

プロなら、もうちょっと勉強してほしいっかな・・・と思います。

と、思っていた矢先、今度は自分の部屋の暖房がつかなくなってしまった。
が〜ん。今、めっちゃ寒くなってきているのに。。。

こっちは、自分のせいじゃないということになれば、大抵は大家さんが直してくれるので、今んとこお金はかかってないので、それだけは救いですけども。
不動産屋さんも良い人たちで、すぐ修理にだしてくれるので、いいっちゃいいんですけど、手間がかかるので、出来れば壊れないでほしいです。ホント。

こんなに壊れるんで、大家さんが、乱暴に扱ってるんじゃないかと心配しているそうですが、断じてそんなことはないはず。ちゅうか、現地民より、丁寧に使っているはず。。。
というか、もうちょっと腕の良いビルダーとか、良いモノを使った方がコストも手間も削減できるのでは?と思っちゃうんですが。
安かろう悪かろう、高かろう大抵は良かろう、な国ですよね。この国は!(たまに例外もあり。高かろう、悪かろうはままあり)
かー!!!
[PR]
by archlondon | 2005-11-23 02:33 | Tamaho
覚え書き
 
ルームは建築の元初です。それは心の場所です。自らの広がりと構造と光を持つルームのなかで、人はそのルームの性格と精神的な霊気に応答し、そして人間が企て、つくるものはみなひとつの生命になることを認識します。

・・・・・・

詩は元初の思惟のなかにあり、表現手段の最初の感覚のなかにあります。


「ルイス・カーン建築論集」 第四章 ルーム、街路、そして人間の合意/ルイス・カーン著 前田忠直 編訳 より

私、Louis I. Kahn好きなんです。泣けます。

ちなみにイギリスだと、ルイスじゃなくてルイって言います。そういうものみたいです。
[PR]
by archlondon | 2005-11-18 05:16 | Tamaho
寒くなりましたね。
ロンドン、寒くなってまいりましたよ。
今のお家は暖房費が込みではないので、電気代として請求が来ます。

だが!

た、高い。。。

まあ、前の家より大きくなったとはいえ、高い。

以前は、お湯や暖房はフラット全体でお湯循環で、家賃に含まれていたので、暖房や湯沸にどれくらいかかるのかやや不安だったものの、やはりこの国はお高いわ。

まあ、以前のワンルームの時のことを考えれば、妥当な金額なんだろうけども。

何か節約できるウラ技とかないのかしら?

メーターいじるとか・・・、はい、捕まりますね。しません、しません。

あぁ、暖房気にしなくていいおうちが恋しや~。
[PR]
by archlondon | 2005-11-16 00:35 | Tamaho
2年半お疲れさん
b0041654_8534844.jpg
ロンドンに来たのが、2年5ヶ月程前。
パートナーとなる人と。

その年の夏は記録的な暑さで、天気もずっと良かった。
1年目の夏は毎週末テニス。こっちはテニスコートが安くて、日本ほど込み合っていない。
楽しかった。

学校は大変だったけど、2人だったから、大分色々助かったかも。
1年目は特に大変だったけど、2年目はだいぶ慣れて、辛かったけど、楽しかった。
でも大変だった〜。

相方が、一昨日、日本に帰った。
日本の事務所で働くことになったので。

私はもうちょっとロンドンにいてみよう、と思って残っている。

2年半、ずっと一緒にいたので、まあそっちの方が奇異なんだろうけど、変な感じ。

最初は、というかずっとか…大変だろうけど、私もそのうち帰るんで、頑張って。

ロンドン、お疲れさまっちゅうことで。
色々楽しかったねー。

---
と、感慨に浸ったりしてみたものの、実は出発前夜、お家に何人か呼んでご飯を食べたり、飲んだりしたのですが、ちょっと体調が万全じゃない上にお酒を飲み過ぎたようで、出発当日の朝、ものすごい吐き気で、死んでました。出てこないのに、何回吐いても吐き気治まらず。
ちなみに、二日酔いではなく、風邪の症状だったらしいのですが、お医者に診てもらった所、お酒を飲み過ぎたのが良くなかったのは間違いないようで、多分海産物を食したのも良くなかったみたい。(実は以前にも経験あり。学べよ、自分)
そんなこんなで、見送る立場なはずなのに、逆に、お医者に行くために見送られることになってしまったのでした。
なので、感傷的なお別れはなし。私って。。。

とはいうものの、来月初旬に一時帰国します。ので、何気にあともうちょい。
ちょっとそれまで、私も諸々頑張りますよー。
[PR]
by archlondon | 2005-11-14 09:21 | Tamaho
Islingtonの毛糸屋さん
昨日、ロンドンの北の方のIslingtonという場所にあるLoopという毛糸屋に行ってきました。

この頃、寒いせいか、ニット素材のものなど非常に気になります。
でも丁寧に編まれたものはやはりお値段が張るので、自分で編めるようになればいいのではなかろうか、、、と思い立ち、とりあえず下見として行ってみることにしたのです。
超初心者のくせに、どこかのブログでみたルームシューズがつくりたいなぁ、なんて思ったりして。

思っただけです。

結局本も持たずに、毛糸や道具を選べる訳もなく、本当に下見として終わってしまいました。
あとは、お店にある色々なアーティストたちのプロダクツを見て、
あ〜いいじゃーん。でも高〜い。ふぅ。
とため息。

そんな中で、私の心を掴んだこのマフラー↓。
b0041654_1917253.jpg

Spex Caponyというブランドのものらしいです。
まず模様になるモチーフを編んで、それを地の布に熱でプレスしたものだとか。
b0041654_19292032.jpg
美しくて感動して、お値段もお手頃だったのでご購入です。

こういう仕事をみると、建築じゃなくて、テキスタイルとか、何というんだろうか、こまごまひたすら美しいものを追求できる分野にすればよかったー、とか一瞬思っちゃいます。

どの分野でもそんなことはなく、色々面倒なことはあるのはあるんだろう、とはすぐ思うのだけれど。
そうそう、すればいいのよ。すれば。(自分へ)

イズリントン(Islington)は、実は初探索だったのですが、非常によかったです。
この毛糸屋に限らず、アーティストが多く見られる地区だと感じました。
アポイントメントオンリーのショップなど、奥できっと作業しているんだろうなーという所が多かったです。

毛糸屋に行くまでに、興味深い所が多くて、毛糸屋まで辿り着けないかと思ったくらい。
今度は、日本で本を購入して毛糸を買いに来るわよ!(まだ諦めてない)

このお店は色々なブログでお見かけするだけあって、小さいお店なのに私含め3人の日本人がその時行き交いました。
そこで、一人の素敵な女性が声をかけてくださいました!
ぼんぼりロンドンに住むの、ぼんぼりさんです。

折角なので、お茶をしておしゃべりして、楽しい時間を過ごしました!
毛糸屋にいるのに、超初心者で、編み物のお話とか出来なかったけど(汗)。
今度教えてください^^。
最近新しい方と知り合ったりすることが少ないので、非常に嬉しかったです。
これからもよろしくお願いします☆

お茶をしたところが、おしゃれな感じのインテリアで、そこの椅子がバーナー・パントンのパントンチェアだったんですが、その時違うこと言っちゃいました。
帰ってから気づいた、私。。。
知ったかぶりしちゃいけません! (また違ってたりして…)
[PR]
by archlondon | 2005-11-09 19:37 | Tamaho
Haute Shoes Tea for Two
先週末、ロンドンで知り合った友人のバースデーパーティーにお呼ばれしました。
ボーイフレンドが彼女に内緒のサプライズパーティーを企画していたのです。
何とも良い彼じゃないですか。
人のことながら、相手のために色々考えたりしているのを見ると、勝手に感激します。

彼女にとって割と節目的なバースデーであるということと(彼が言ってた)、ロンドンに来たてのころは、ずいぶん彼女のお陰で心強い思いをしたので、お礼の意味も含め、私も何か彼女が喜ぶものを贈りたいな、と思いました。

なかなか気分が乗るにはタイミングが必要ですが、こう見えて実はプレゼントを考えたりするのとか好きなのです(最近気づいた)。
あ、でも相方には最近忘れがち…。ご、ご飯作ってるから…。
b0041654_10182430.jpg

Rosanna Stonewareというところのものらしいのですが、これが非常にかわいいかったのです。
2人用のティーセットで、靴のイラストがあしらってあります。
入れ物の箱がかわいくて、プレゼントにぴったりじゃないのさ、ということで気分も盛り上がり、私にしては割と即決。
もう自分が欲しいです。
ティーセット以外にもお皿のセットとかボールのセットとかかわいかったな〜。

プレゼントは、自分が欲しいのだけれど、自分じゃ買わないかな、あーでも欲しいなぁ、う〜む、でも…、というものを買うのだろうなぁ、と最近気づきました。
もちろん相手を考慮した上でですが。
なので、自分の手に入らなくても、なんとなく物欲は解消されたりして。
[PR]
by archlondon | 2005-11-08 10:19 | Tamaho
graduation ceremony
b0041654_9211554.jpg
一週間前ですが、やっと卒業式がありました。
学校自体は7月には終わっていたのですが、イーストロンドン大学は11月に卒業式を行います。
バートレット(UCL)AA,RCAなどは、学校が終わった直後くらいにやってました。その方が気分的に盛り上がってて良いですが、マスターをやっていた場合に次の年になってしまうので、マスターの方々にはいい時期です。

もちろんやりましたよ…
[PR]
by archlondon | 2005-11-08 09:21 | Tamaho


わたし
ロンドンに2年半いました。
建築やっていきます。
野菜・フルーツ中心生活に戻るぞ!
東京生活始めます♪

ま、ほとんど独り言ですから。
以前の記事
最新のコメント
kindgirls[ur..
by sidr at 21:18
menshairstyl..
by mocha at 16:10
currenthairs..
by mocha at 14:15
nice site. f..
by Jordan at 03:01
nice site. f..
by Jordan at 02:28
nice site. f..
by Jordan at 01:45
nice site. f..
by Jordan at 01:30
nice site. f..
by Jordan at 01:09
>isonoiwashi..
by archlondon at 02:54
あ!富士屋ホテルだ!1回..
by zo.chika at 20:46
最新のトラックバック
セミナーのご報告と御礼
from ろんどんらいふ
エレクトロニカの世界
from 阿部仲麻呂★学術活動!★ A..
建築トラックバックビルデ..
from 建築トラックバックビルディング
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧